しじみの基礎知識

「お酒を飲んだらしじみ!」の理由は?

お酒を飲んだらしじみ。これは昔から日本に伝わる飲酒対策です。近年、このフレーズが確かな科学的根拠をもつ効果として証明されつつあります。
しじみが二日酔い対策、肝臓機能の向上に有効である根拠についてまとめてみました。

お酒に酔う・二日酔いになるメカニズム

アルコールは胃や腸から吸収され、血液に溶け込んで全身にまわります。お酒に酔うという状態は、血液によって運ばれたアルコールが脳の働きを抑えている状態です。
アルコールの血中濃度や代謝にかかる時間によって、酔いから醒める時間に個人差があります。

体に吸収されたアルコールはどこへ行くのでしょう。実は、その90%が肝臓に運ばれて代謝されることになります。アルコールはこの第一段階の代謝で、ADH(アルコール脱水素酵素)によってアセトアルデヒドという物質に分解されます。アセトアルデヒドは人体にとっては毒素。お酒を飲んだ時に顔が赤くなる、動悸がする、吐き気や頭痛を引き起こす物質がアセトアルデヒドです。

肝臓では、このアセトアルデヒドがさらに分解され、ALDH2(アルデヒド脱水素酵素2型)によって酢酸となります。二日酔いは、この段階で処理しきれなかったアセトアルデヒドが再び全身にまわり、翌日に残ってしまった状態をいいます。

お酒を飲み過ぎて昨日の記憶がない、二日酔いで頭痛や吐き気がひどい、年齢とともにお酒に酔いやすくなったなど、アルコールを二度の分解でも処理しきれず悲鳴をあげている肝臓には、しじみの毒消しパワーが力強い助っ人として活躍してくれます。

肝臓の活躍としじみ

お酒を飲む前・飲んだ後にしじみを食べると良いといわれるのは、しじみのデトックス効果が期待できるからです。デトックスを簡単にいえば「代謝」「排泄」などの「毒消し効果」のこと。
それでは、しじみのどのような成分がデトックス効果を発揮するのでしょうか。

しじみにはアミノ酸、ミネラル、ビタミンなど、人間の体にとって有効な様々な成分が含まれています。そのなかでもデトックス効果が高い成分といわれるのが、遊離アミノ酸のオルニチンです。
オルニチンは肝臓の中で有毒物質アセトアルデヒドを無毒化する能力があります。
弱った肝臓で大量のアセトアルデヒドを処理するのは大きな負荷がかかりますが、オルニチンが協力することで肝臓での負担が軽くなり、アルコールの代謝をスムーズに行うことができるのです。

しじみの代わりにサプリメントを

ご紹介してきたように、しじみは肝臓をあの手この手でパワーアップする食材であることがご理解いただけたと思います。
お酒が弱くなった、疲れやすくなったという方にとっては毎日でも飲みたいしじみですが、生きたしじみを毎日調理するというのも現実的ではありません。そこでおすすめしたいのが、オルニチンを配合したドリンクやサプリメントの活用です。
しじみのサプリメントは比較的手頃な価格で売られています。とくに肝臓の数値が気になる方は、お酒の量を控える、休肝日をつくる、お酒を飲む時は水を一緒に飲むなど、肝臓に負担を与えない工夫をした上で、しじみの成分をギュッと凝縮したサプリメントを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

参考URL
http://www.tamanaonsen.jp/45.html
http://www.iosconsortium.org/review.html