しじみの基礎知識

しじみで免疫力を高める!

ウイルスから癌まで、人の免疫にかかわる病気はさまざまです。しじみには人の免疫力をアップする有効成分が含まれ、日頃から補うことで外敵に強い体づくりに役立ちます。しじみはどのようなメカニズムで免疫を高めているのでしょうか、詳しくご紹介しましょう。

マクロファージとしじみ

人間の体には、マクロファージという免疫細胞が組み込まれています。これは白血球の一種で、ウイルスや細菌を体にとっての異物として認識し、積極的に抱え込むことでその活動を封じ込めます。
このマクロファージの活動が低下すると、たちまちウイルスや細菌に占拠された状態となってしまいます。

しじみに含まれるアルギニンは、細胞の増殖や修復に必要なポリアミンを合成するアミノ酸です。感染症を防いだり、傷ついた細胞を正常にもどしたりと、人体の防御パートを担っています。

またオルニチンという成分にはマクロファージを活性化する作用があり、免疫力の向上に役立つことがわかっています。

一方、肝臓にダメージがあると、本来は解毒されるはずの毒性物質が代謝されず、体内に蓄積されてしまいます。特に疲労によって蓄積されるアンモニアは毒性が強く、体全体の免疫を低下させて各器官に悪影響をおよぼします。
こうした肝臓のダメージを回復するのも、しじみが効果的です。アンモニアを無毒化して肝機能の効果を回復させ、マクロファージの免疫力をふたたび発揮してウイルスや細菌をシャットアウトします。

不規則な生活が続き疲れがたまっている人、季節の変わり目などにかぜを引きやすい人、肝機能が弱まっている人は、しじみの免疫アップ効果を活用し、転ばぬ先の杖として活用するとよいでしょう。

アレルギーとしじみ

日本人の食事が欧米化し、動物油脂やファストフードなどを食べることが増えました。そうした中でアレルギーをもつ子供が増え、牛乳や卵に対してアレルギー反応を起こす子供も多くなっています。
しじみに含まれるタンパク質は卵や牛乳に劣らない質の高いもので、必須アミノ酸やビタミン群も同時に摂り込むことができます。

タンパクアレルギーのお子様にはしじみをタンパク源として活用するのもよいでしょう。しじみを積極的に摂ることで免疫力のレベルの向上にも役立ちますので、アトピーやアレギーのある方はしじみを上手な活用をおすすめします。

参考
https://www.sororityparents.com/immunity.html