しじみの基礎知識

しじみと日本の歴史

しじみは日本人の大切なタンパク源

しじみは日本の食卓と切っても切り離せない食材です。日本人はしじみを約1万5000年以上前から食べていた伝わるように、縄文時代の貝塚の地層から出土する貝はほとんどがしじみです。
日本でしじみが数多く出土する代表的な貝塚は以下の通りです。

  • 北海道 オホーツク文化を代表する網走川流域のモヨロ貝塚
  • 青森県 小河原湖周辺の二ツ森貝塚、中志貝塚など
  • 宮城県 北上川の下流域に沼津貝塚
  • 茨城県 涸沼川流域に大串貝塚
  • 新潟県 阿賀野川
  • 愛知県 豊川水域に平井稲荷山貝塚

しじみが大量に捨てられた貝塚は、その多くが現在のしじみの産地と重なっています。水系と共に生きてきた日本人が、いかに太古からしじみと親しみ、貴重なタンパク源としてきたかを伺い知ることができます。

落語からカルタまで

日本人の食生活に欠かせないしじみは、江戸時代になると佃煮、時雨煮、ぬたなどさまざまなメニューで食卓にのぼりました。しじみはそれだけ豊富に水揚げされ、江戸城下に縦横無尽に入っていた水路にまで生息していました。今のように特別な漁業権が設定されていなかったため、水揚げや販売も自由。
「納豆と蜆に 朝寝 起こされる」というのは、江戸時代に詠まれた川柳。朝一番で納豆や蜆を売りに売る行商人の声がうるさくて朝寝を起こされた、と詠んでいます。当時は、貝のむきみを売る「むきみ売り」というスタイルが定番で、しじみで樽をいっぱいにして売りにくる江戸の長屋の朝を想像できます。

このように江戸庶民にとってなじみ深いしじみは、カルタや落語にも登場します。「蜆」も「蜆汁」も春の季語ですが、雪の中を舟を出して寒蜆を穫る湖の風景もよく句に詠まれています。冬の季語「寒蜆」、夏の季語「土用蜆」と四季それぞれに季語をもつ食材はしじみくらいでしょう。

歴史に見るしじみの健康パワー

しじみは庶民のポピュラーな食材として親しまれる一方、健康増進効果も早くから研究されていました。その潜在力についてはさまざまな書物に記されています。

しじみよく黄疸を治し酔を解す
「食品国歌」(しょくひんやまとうた/天明七年/大津賀仲安著)
しじみは酒毒、黄疸を解し、目を明らかにし、小便を利し、脚気、熱気、湿毒を下す
中国の薬学書「本草網目」

このほか「しじみ売り 黄色なつらへ 高く売り」(しじみ売りが、酒を飲み過ぎて黄疸が出ている客の足下を見て高く売りつけている)という皮肉な川柳も詠まれています。歴史に登場するしじみと酒の話は現代とも共通するところが多く、昔の人も今でいうオルニチンサプリメントのように活用していたと推測されます。

しじみの名前の由来

しじみという名前の由来について、明確に記された文献等は残っていませんが、通説はいろいろあります。
その一つが「ちぢみ」説です。殻の横じわが縮んだようにみえるから、殻にくらべて身のほうが縮んでみえるから、ほかの二枚貝が縮んだようにみえるから、煮ると身が縮んでしまうから、とさまざまな理由から「縮み(ちぢみ)」となり、さらに転訛して「しじみ」になったという説です。
また、漢字で虫偏に見ると書く「蜆」は、虫(小さいもの)が見(現れる)という組み合わせに由来していると伝わります。
ちなみに、しじみは英語でwater clam。日本産のやまとしじみはBrackish water clam(黒みがかったしじみ)と表現します。