しじみの基礎知識

しじみのオルニチンパワー②脂肪肝&ダイエット

脂肪肝とオルニチン

日頃の食生活、運動、飲酒、喫煙など、生活習慣から病または病予備軍になる人は成人の20〜30パーセントにものぼるといわれています。とくに肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、脂肪肝が悪化していても自覚症状を感じ難いもの。病気づいた時には致命的な状態、ということも多々あります。

肝臓のまわりにベッタリと付着してしまった脂肪は、肝機能の低下にはじまり肝炎、肝硬変、肝臓がんに進行する可能性がます。日頃から疲れやすい、体がだるいと感じる方は、脂肪肝で肝機能が弱っているサインかもしれません。特に、運動不足の人や飲酒喫煙の習慣がある人は、日頃から注意して肝臓の悲鳴に耳を傾けるようにしてください。

ダイエットとオルニチン

脂肪肝のほとんどが、内臓脂肪型の肥満の人にみられ、中性脂肪が原因で肝臓に負担をかけているケースが多くみられます。運動不足を解消して適正体重を維持できるよう務めましょう。

  • 筋肉トレーニングで筋肉を強化し、基礎代謝をアップさせる
  • 続けやすい有酸素運動を行い、蓄積した脂肪分を積極的に燃焼させる
  • 脂肪分の多い食事、アルコールを控える

こうした対策を並行して進め、オルニチンサプリを用いて肝機能を高めるとよいでしょう。

基礎代謝とオルニチン

オルニチンは体内に存在するアミノ酸の一つで、血流にのって体内を巡っています。肝臓ではアンモニアの解毒という重要な役割を果たしていますが、
このサイクルをスムースに働かせることによって肝臓の基本的な機能(代謝、胆汁の生成、ブドウ糖の生成)も効率アップし、肝臓に活力を取り戻すことができるのです。
ダイエットには安静時のエネルギー消費量を大きくすることが大切です。少し前までは筋肉を強くすることが体の基礎代謝を上げる考えられていましたが、最近は肝臓での基礎代謝が鍵を握ることがわかってきました。
つまりオルニチンを積極的に補うことで肝臓の基礎代謝をアップすれば、寝ているときでも脂肪を燃焼させることが可能となり、ダイエット効果も期待できるというわけです。

成長ホルモンとオルニチン

もう一つ、オルニチンには成長ホルモンを活性化するという働きもあります。成長ホルモンは寝ている間に分泌されるホルモンで、安静時や就寝時の基礎代謝を促す鍵をにぎっています。一日中脂肪燃焼モードにする成長ホルモンの分泌は、痩せやすい体づくりには欠かせないポイントです。

筋トレとオルニチン

オルニチンには肝機能を再生させる働き、成長ホルモンを活性化するはたらきとともに、筋肉を増強させる効果があることがわかっています。
オルニチンを筋トレの前か後に摂取することで成長ホルモンの分泌が促進され、効率よく筋肉をつけることができるのです。
寝ている間に分泌される成長ホルモンは体の骨、筋肉を成長させ、体内にエネルギーを満たします。運動による筋肉の疲れを素早く修復・成長させ、効率よく痩せる環境づくりに一役買います。

参考URL
http://home.jointventure.jp/seityouhorumonn.html